農福連携入門講座

2020年1月18日(土)

本日は、お客様が他のご予定で行かれなくなってしまった『農福連携入門講座』に代わりに参加させていただきました。


ーーーーー

日本の食料自給率は39%、ただし、米の自給率は100%。
『減反政策』が結果として、日本の農業を弱くしてしまった。(1985年467万人→2015年175万人、平均就労年齢67歳、120万人以上が65歳以上)
ドイツの食料自給率は98%、日本と正反対の農業政策を取ってきた。
日本の政策は、ある意味、農業就労者に対する福祉政策のようになってしまい、結果として、農業就労者が減少し、耕作放棄地が増え、国際競争力が下がっていってしまった。
これから、世界の人口はどんどん増加(2020年:76億人、2030年:86億人、2050年:97億人)し、飢餓人口も増えていく。
日本は、保健衛生上の経験があり、「生産」「物流」「販売」をワンパッケージとし、「支援」をする力を持っている。
「食料(水も)」の不足は、結果として「戦争」を引き起こす。
これからの農業政策が、世界平和にもつながっている。
そして、日本でも農福連携や子ども食堂の広がりなどを通じて、社会・地域への貢献が少しずつ進んでいっている。

ーーーーー

とても「学び」になりました。

私たちも、これからどれだけ社会や地域に貢献できていけるかはわかりませんが、できる限り楽しみながら、仲間たちと一緒に取り組んでいきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。


ページトップ

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢17-15三井住友海上藤沢ビル3FTel.0466-86-5770/Fax.0466-86-5771

© 2016 株式会社湘南ビジネスマネジメント All Rights Reserved.